治験スケジュールオンライン登録

月~金:0900-17:30
アドレス: japanese@richmondpharmacology.com

MENU

続・海外での治験で用いられる治験参加同意書について

ここでは引き続き海外で行われる治験で治験モニター(日本では治験アルバイト・治験バイトなどと言われる)に署名して頂く治験参加同意書に実際に書かれている文言について例を交えながら説明いたします。

署名欄5

「私は日本の国籍、および日本のパスポートを保持し、私の祖父母4人はすべて日本人です。私はこの事前検診の来院日までに5年以上海外にいませんでした。 」

→ この署名欄では参加される治験モニターの方が、日本人であるという確認をしていただきます。

署名欄6

「私は、この被験者説明書/同意書のコピーを受け取ることを理解しています。」

→ 署名の際は英語版の治験参加同意書を必ず2部署名して頂き、1部は治験ボランティア、もう1部はリッチモンド・ファーマコロジーが保持します。これとは別に日本語訳の同意書をお渡しします。実際に署名するのは英語版になります。

この署名欄では、署名した同意書を1部受け取るということを確認します。

署名欄7

「私はこの治験の全般的な成果や結果が出たときに、通知を受けることができることを理解しています。」

→ ご自身の検査結果が気になる方は、その内容を聞くことができます。

署名欄8

「私は自らの意思で本治験への参加に同意することを、ここに確認します。

→ この署名欄では、治験モニターの方が自発的な意思で参加しているということを確認します。

さて、ここまでお読み頂いて、治験参加者が不利益になるように仕向ける内容が無いことがご理解いただけたではないでしょうか。

また、同意書に署名した後でもいつでも理由を述べることなく治験を辞退することができます。ただしそこまでに集めた情報は辞退後も保管させて頂く場合があります。
どの情報が保管され、破棄されるものはどのタイミングで破棄されるかも同意書の中に記述されています。