治験について
謝礼金・特典
友達を紹介する
よくある質問
ブログ
MENU

週末のバイト・副業におすすめの仕事13選!会社員向けの注意点も解説

副業の解禁によって、会社員として給料を得るだけでなく、バイトなどをしてさらに収入を得ようと思う機会も増えていることでしょう。

 

会社員が副業をする場合は、会社が休みの週末にできる副業を探したいところです。また、本業以外で収入を得た場合に税金の手続きをどうするかなどが気になる方もいるでしょう。

 

そこで今回は、会社員が週末にバイト・副業をするのにおすすめの仕事や、税金などに関する会社員向けの注意点について解説します。

 

 

バイト・副業を始める前に知っておきたいこと

平日は本業が忙しい場合でも、週末だけでもバイト・副業で収入を得ることは十分に可能です。

 

そこで、週末にバイト・副業を始めたい場合に、まず押さえておきたい知識をご紹介します。

 

週末のバイト・副業で稼げる金額の目安​​

週末に副業やバイトをして、どれくらい稼げるかは気になるところでしょう。

 

具体的にどのくらいの金額を稼げるかは、週末に副業・バイトのための時間を何時間確保できるか、どのような副業に取り組むかで変わってきます。

 

あくまで目安ですが、週に5時間未満の副業であれば、1万~5万円ほどになります。

副業をする人や、副業の種類が増えていることもあって、一般的には5万~9万円台を稼ぐ人が多いようです。

 

ただし、実際には個人の環境にもよるので、無理のない範囲のスケジュールや目標金額を設定することをおすすめします。

 

なかには週末にはできない副業もある

注意点として、副業・バイトのすべてが週末に適しているわけではありません。

 

副業・バイトのなかには、週末だと十分にできないものもあるので、注意しましょう。

 

株式投資やFXは資産運用系の副業では、常に変動の状況を確認する必要があったり、土日に市場が閉まっていたりなどで、週末にまとめて行なうことができません。

 

週末に資産運用系の副業をしたい場合は、曜日や時間を問わず24 時間 365 日取引ができる仮想通貨やネット証券などをおすすめします。

 

 

週末のバイト・副業としておすすめの仕事9選【外出編】

週末に副業をするにあたっての前知識をつかめたら、次は週末のアルバイト・副業におすすめの仕事を見ていきましょう。

 

飲食店

レストラン・カフェ・居酒屋など、飲食店のスタッフとして働くバイトです。

 

仕事の内容はさまざまで、接客や配膳などを行なうホールスタッフ、調理や盛り付けなどを行なうキッチンスタッフ、配達を行なうデリバリースタッフなどがあります。

 

飲食店のアルバイトは多くの場合はシフト制を採用しており、週末だけなど可能な勤務時間で働きやすいといえるでしょう。

 

おもに時給制で、目安としては時給1,000円~1,500円前後となっています。

 

スーパーマーケット

​​スーパーマーケットのスタッフとして働くバイトです。

 

商品の会計をするレジ、売り場の案内などの接客、商品の品出し・陳列などがおもな業務で、食品の賞味期限の確認を行なうこともあります。

 

飲食店と同様に、スーパーマーケットのアルバイトは一般にシフト制を採用する店舗が多いので、1日1~2時間だけ忙しい時間帯に働くなどの自由がききやすいといえるでしょう。

 

勤務する時間帯はおもに営業時間中ですが、早朝や深夜などの営業時間外に、商品の品出しや補充をするスタッフの仕事もあります。

 

コールセンター

​​商品やサービスについて電話対応などを行なうアルバイトです。

 

固定シフト・希望シフト・フリーシフトなど、さまざまな勤務形態があるのが特徴で、オフィスに勤務するだけでなく、在宅で働けるコールセンターも増えています。

 

24時間体制で業務を行なっているコールセンターも多いので、自分の好きな時間に働きやすいといえるでしょう。

 

また、アルバイトとしては比較的に時給が高めなので、中長期に継続して副業をしたい場合に特におすすめです。

 

治験

治験とは、新薬の臨床試験の段階で、被験者に薬の投与などを行ないその効果を確認するものです。

 

治験の方法は、一定期間に施設に入院する方法と、入院をせずに通院する方法があります。

 

入院・通院に関わらず報酬が比較的に高めであることが、治験をおすすめできるポイントといえるでしょう。

また、リッチモンド・ファーマコロジーでは、通院のみの治験は行なっておらず、通院+入院の治験のみのお取り扱いになります。

 

治験の報酬の相場は、通院の場合で1日あたり7,000円~1万円程度で、入院の場合はさらに高額になることもあります。

 

リッチモンド・ファーマコロジーにて扱う治験は、海外で行なうのが特徴です。

 

報酬としての謝礼金のほか、渡航費や宿泊費の補助もあるので、気軽に海外での治験に参加できるのが魅力といえるでしょう。

 

リッチモンド・ファーマコロジーの治験に興味がある方は、こちらをご参照ください。

 

軽作業(倉庫作業・仕分けなど)

​​倉庫や物流センターなどで、所定の作業を行なうバイトです。荷物の仕分けや梱包、商品の包装や検品などがおもな作業になります。

 

荷物を取り扱うので、身体を動かす機会が多いのが特徴です。日頃の運動不足の解消など、身体を動かす仕事がしたい場合に適したバイトといえるでしょう。

 

作業自体は基本的にマニュアルどおりのルーティンワークが多く、業務としての難易度は比較的に低めなので身体を動かすことが好きであれば、副業の初心者にもおすすめです。

 

引っ越しスタッフ

引っ越しのスタッフとして、顧客の引っ越しの手伝いをするバイトです。

 

引っ越しというと女性には難しそうなイメージがあるかもしれませんが、重い荷物を運ばなくても、梱包の手伝いなど女性向けの需要もあります。

 

基本的には、マニュアルにしたがって決まったことを実行するだけなので、自分で考えたり判断したりする必要があまりないのが特徴です。

 

あれこれ考えることなく、淡々と仕事に打ち込みたい場合におすすめのバイトといえるでしょう。

 

基本的には力仕事が多いので、運動をしたい人におすすめです。日払いが可能なケースが多い点も魅力です。

 

試験監督

試験監督とは、資格試験や模擬試験の会場などで、受験生の監視や指導、問題の配布などを行なうバイトです。

 

試験は基本的に土日に開催されることが多いので、平日は本業で忙しく、週末に副業をしたい人に特におすすめのバイトといえるでしょう。

 

特定の知識やスキルは基本的に不要であり、細かい応募条件が比較的に少ないので、副業の初心者が始めやすいのも魅力です。

 

フードデリバリー

フードデリバリーとは、ピザやお寿司などの食べ物を顧客に配達する仕事です。

 

自転車・車・バイクなどの移動手段があれば比較的にすぐに働きやすいうえに、自転車でデリバリーをすれば、日頃の運動不足やストレスの解消にもつながるといえるでしょう。

 

フードデリバリーの仕事の詳細は、実施する店舗によって変わってきます。

 

店舗によって報酬体系・実施しているキャンペーン、研修や補償の内容などが異なるので、事前にチェックしておきましょう。

 

せどり

せどりとはいわゆる転売によって利益をえる副業の方法です。せどりの基本は、安く仕入れて高く売ることといえるでしょう。

 

例えば、古本屋で珍しい本が100円で売られていた場合に購入し、それをインターネットにて200円で販売すれば、差額が利益になります。

 

取引がスムーズにいけば短期間で売上が出やすいうえに、インターネットなら取引時間も比較的に自由なので、通勤帰りの夜間などに作業をしやすいのが特徴です。

 

ただし、仕入れには資金が必要で、在庫が発生する点には注意しましょう。

 

 

週末のバイト・副業としておすすめの仕事4選【在宅編】

​​ここからは、週末に行ないやすいバイト・副業のなかで、在宅で可能な4つの副業をご紹介します。

 

Webライター

Webライターとは、インターネットに掲載される記事を執筆する仕事です。

 

クラウドソーシングプラットフォームに登録すればすぐに始めやすいですが、最初は単価が低めになります。

 

自分の本業や得意分野などのスキル・経験がある場合は、スキルアップにつながりやすいのがメリットといえるでしょう。

 

Webライターはライティングの内容や能力に応じて、記事の報酬単価に幅があるのが特徴です。

 

ライターとしての実績が受注確率に影響し、収入につながる傾向があるので、経験を積むことが重要といえます。

 

アンケートモニター

企業や法人などが実施するアンケートに回収し、報酬をえる方法です。

 

無料で登録できるアンケートサイトが増えており、始めやすいといえるでしょう。

 

アンケートは基本的に簡単な入力項目で構成されているので、スマートフォンがあれば自宅で簡単に取り組むことができ、短時間で終わるのもメリットになります。

 

ただし、1件あたりの単価は低めなので、アンケートモニターだけでまとまった収入をえるのは難しい点に注意しましょう。

 

ポイントサイト

特定の作業をするとポイントが付与されるサイトに登録し、作業をしてポイントを貯めて、現金やサービスなどに交換する方法です。

 

サイトのクリック・動画の視聴・アプリやゲームのダウンロード・クレジットカードの作成や口座の開設などがあります。

 

スマートフォンだけで短時間に取り組めるのが魅力ですが、1件あたりの報酬は基本的に低めなのがデメリットといえるでしょう。

 

また、貯めたポイントを報酬にする場合に、報酬が付与されるまでに時間がかかる場合が少なくない点に注意が必要です。

 

動画編集

動画編集とは、YouTubeなどの動画サイトに投稿する動画を編集する仕事です。

 

動画を投稿して収入や知名度を上げる需要が増えているので、動画編集はニーズが拡大している副業といえるでしょう。

 

動画編集の具体的な作業方法は、動画に字幕・テロップやSE(効果音)をつけたり、イラストや図などの装飾をしたりなどです。

 

編集ソフトを駆使するなどのスキルが必要になりますが、慣れてくると1ヵ月に5万円以上稼げる可能性もあります。

 

 

会社員がバイト・副業をする際の注意点

副業を持つ会社員も年々増えていますが、会社員が週末にバイト・副業をするのに注意しておきたい点が3つあるので、解説します。

 

バイト・副業をしていることを安易に話さない

会社員がアルバイト・副業をする場合は、同僚などに安易に話さないことをおすすめします。

 

副業をしていることを会社などに隠しておきたい場合には、特に注意しましょう。

 

副業がバレてしまうよくある原因は、噂によって広まってしまうことです。隠しておきたい相手以外に話したと思っても、噂が広がってバレやすいので注意してください。

 

バレることで本業に支障が出る可能性もないとはいえないので、SNSなどでの発信もなるべく控えるのがおすすめです。

 

必ず確定申告を行なう

会社員の所得税については、会社による年末調整で済ませるのが一般的ですが、副業でも年間20万円以上の所得がある場合は、原則として確定申告が必要になります。

 

会社員が副業をする場合に関わってくることが多い所得の種類として、以下のものがあります。

 

・給与所得:副業でアルバイトをして給料を得ている場合の所得

・事業所得:副業を事業として営んでいる場合の所得

・雑所得:文章の執筆やオークションなどで収入を得た場合の所得

・不動産所得:アパートやマンションなどの不動産で家賃収入を得た場合の所得

注意点としては、副業で得た収入がそのまま所得になるわけではありません。

 

収入から必要経費(オフィスの家賃など)を差し引いたものが所得なので、経費の領収書などはしっかり管理しておきましょう。

 

住民税は「普通徴収」を選択する

​​会社員が副業をする場合、住民税を納付するには、基本的に普通徴収を選択することをおすすめします。

 

住民税は所得額に応じて決定されます。

アルバイトや副業を行なっている場合、所得は基本的に本業との合計です。本業での勤務先で、同じ水準の給与を得ている人との間で住民税の差額が出ると、副業を行なっていることが会社にバレやすくなるのです。

 

住民税の納入先は原則として居住している市区町村ですが、副業分については役所で普通徴収を選択して自分で納付すれば、基本的に会社にバレにくくなります。

ただし、確実にバレない方法ではないため注意しましょう。

 

 

まとめ

​​会社員が副業・アルバイトをする場合は、本業に支障が出ないように働けるかが重要になります。

 

会社員におすすめの副業・アルバイトの特徴は、週末だけに働ける仕事や、在宅でできる副業などです。

 

会社員が副業・アルバイトをするにあたっては、きちんと確定申告をしたり、会社にバレないように住民税を普通徴収にしたりするなどのポイントに注意しましょう。

 

報酬が高くおすすめの副業として治験がありますが、治験に興味のある方は、リッチモンド・ファーマコロジーへお気軽にご相談ください。