治験について
謝礼金・特典
友達を紹介する
よくある質問
ブログ
MENU

【海外短期バイト】おすすめ5種類を紹介!求人の探し方や必要なビザも解説

「長期間、海外旅行を続けながら資金を調達したい」「留学の勉強の合間にお金を稼ぎたい」という場合には海外での短期バイトをおすすめします。

 

腰を据えて働くのは、いざお金が貯まったタイミングで退職できるかのハードルが高いうえに、拘束時間が長くて大変です。しかし、短期バイトであればそれらはクリアできます。海外でも比較的求人が見つかりやすいものです。

 

しかし、実際どのようなアルバイトがあるか、どうやって探せばよいか、海外で働くために何が必要か等、わからないことがたくさんある人もいるでしょう。

 

そういった人に向けて、この記事では海外の短期バイトにおすすめの仕事と、求人の探し方、ビザについて解説します。この記事を読めば、自分に合った海外の短期バイトを選びやすくなるでしょう。

海外の短期バイトのおすすめ5種類

海外の短期バイトでおすすめするのは以下の5種類です。

 

l 飲食店

l 宿泊施設

l リゾートバイト

l 日本語教師

l 治験バイト

 

それぞれのバイトに特徴があり、メリットやデメリットも存在しています。

 

飲食店

飲食店は、海外での短期バイトのなかでも主流です。求人数が多いため見つけやすく、働くまでのハードルも低めというメリットがあります。海外で初めてバイトをする際や特にこだわりがない方におすすめです。

 

ただし、時給がそれほど高くないデメリットもあり、一気に大きな金額を稼ぎたいという方には少し条件が合っていないかもしれません。

 

国によっては、日本食レストランやラーメン店、すし店なども多く、日本人がオーナーの飲食店もあります。

 

飲食店の短期バイトの仕事内容は大きく分けて2つです。お客さんの前に立ち接客をするウエイター・ウエイトレスと、人前には出ず料理を作ったり食器を洗ったりする調理・洗い場にわかれます。

 

ウエイター・ウエイトレスは現地のお客さんとのコミュニケーションを取ることが必要になるため、語学力に自信がある人や語学力をアップさせたい人に適しています。

 

語学力に自信のない人やお客さんと関わる接客をしたくない人は、調理や洗い場などの仕事を選ぶと働きやすいでしょう。

 

宿泊施設

ホテルやゲストハウスなどの宿泊施設も、飲食店同様に主流となっている短期バイトです。

 

グレードの高いホテルは時給も期待できます。一方グレードがそこまで高くないホテルは時給がそれほど高くなく、飲食店と同程度です。

 

宿泊代のかわりに仕事をさせてくれる施設もあるので、宿泊施設に問い合わせてみたり調べてみたりしてもよいでしょう。

 

宿泊施設には各国からの旅行客がいるため、人前に出る業務の場合は一定の言語レベルを求められる場合もあります。

 

おもな業務はハウスキーピング、清掃、フロント業務、キッチンスタッフなどです。また、ベッドメイキングなどは語学力に自信がなくても問題ないとしているホテルもあります。

 

いろいろな国の人と話してみたい方はフロント業務が、あまり人前に出ず黙々と作業をしたい方には清掃やハウスキーピングがよいでしょう。

 

リゾートバイト

海外でのリゾートバイトはかなり人気の短期バイトです。勤務先としては、リゾートホテルや娯楽施設、お土産店などがあります。一般的に住み込みで働き、業務内容は受付や清掃などさまざまです。

 

また、ツアーの送迎、ダイビングインストラクターといったスキルが必要な募集もときどき見かけるかもしれません。

 

ただし、求人は少なく、見つけるのは非常に難しい傾向にあります。

 

バイトを探す際に仲介業者を使うことがあると思いますが、日本の仲介業者が海外のリゾートバイトへ派遣するケースはありません。

そのため海外の求人掲示板などを、情報を逃さないようにこまめにチェックする必要があります。

 

日本語教師

現地の人に日本語を教える日本語教師の仕事は、日本人に人気の海外バイトです。日本語を教えるといっても場所によって教える内容は異なります。

 

例えば日本語スクールなどでは子どもを対象に簡単な日本語を、日本で働きたいと考えている大人に対しては本格的な日本語を教えるといった具合いです。

 

学生向け・社会人向けのスクールのほか、企業が日本語教師を募集しているケースもあり、それぞれ難易度が違うことも知っておきましょう。

 

また、スクールではなく家庭教師で日本語を教える場合もあります。スクールなどでは日本語教師の資格が必要な可能性もありますが、家庭教師であれば基本的には教員免許や資格は不要です。

 

さらに、日本語学科のある大学では課題の添削や授業のサポートといったアルバイトがある場合もあるので、チェックしておきましょう。

 

日本語教師のアルバイトは日本語の文化を学びなおすきっかけになるので、日本についてあらためて勉強するよい機会になります。

 

治験

あまり知られていませんが、治験バイトも海外の短期バイトの一つとして挙げられます。

新薬やサプリメント、化粧品などを試し、その効果や副作用を調べるためのアルバイトです。

 

治験の種類もさまざまで、入所・入院して一定期間食事や生活を管理される治験もあれば、数回、日帰りの通院で済む治験もあります。

 

ただし、治験はアルバイトではなく厳密には「ボランティア」として行なわれ、給料ではなく「謝礼・協力金」が支払われることを知っておきましょう。

 

また、治験バイトというと、副作用など危険があるのではないかと心配になる人もいるかもしれません。しかし、すでに認可されている薬の新しい組み合わせ・投薬方法であることがほとんどのため、それほど大きな危険はともなわない可能性が高いといえます。

心配な方は事前にスタッフに問い合わせして治験薬の詳細を確認できます。

 

募集については、医療品開発に携わる機関などが行なっており、治験ボランティア専門の登録サイトから応募する流れとなります。ただし、治験を受けるにあたり検査が必要な場合もあり、すべての治験バイトが必ず受けられるわけではありません。

 

そのため自身の条件に合うものに応募しましょう。

 

治験バイトを探している方は、日本人の治験バイトを実施しているリッチモンド・ファーマコロジーがおすすめ。会員登録が1分で簡単に終わるため、気になった方は一度以下の公式サイトを見てみましょう。

 

リッチモンド・ファーマコロジーの詳細はこちら

 

 

海外の短期バイトに必要なビザの種類

短期であっても、海外でアルバイトを行なうにはビザが必要です。そして、ビザでも「観光ビザ」では働くことはできません。観光ビザやビザなしでの就労は不法就労となってしまうからです。

 

不法就労が発覚すると強制送還・数年間の入国禁止・懲役・罰金などが課される場合もあります。

 

海外の短期バイトが可能なビザはおもに2種類あるので、それぞれ見ていきましょう。

 

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザは、日本国籍を所有した18~30歳の若者が外国で休暇を楽しみながら現地で就労できる制度です。一部の国では年齢制限が厳しい場合もあるので事前に見ておきましょう。

 

ワーキングホリデービザはイギリスや台湾など、日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国のみで利用可能です。国ごとに就労時間の上限、年間の定員数、渡航期間などが定められています。

 

申請が通りやすく、就労ビザよりも取得のハードルが低いのがメリットです。

 

学生ビザ

留学生として現地の学校に所属する場合には学生ビザが必要になります。国によっては、ワーキングホリデービザではなく、学生ビザでも就労が可能です。ただし、週20時間など、一般的には就労時間の上限が定められています。

 

また、校内でのみ就労可能などさらに詳細な条件がある国や、そもそも留学生のアルバイトを禁止している国もあるので調査をしておきましょう。

 

就労可能であっても、あくまでも学業がメインであるため「短期バイトでたくさん稼ぎたい」という場合には不向きなビザになっています。

 

 

海外バイトの探し方

続いて海外の短期バイトを見つけるにはどうすればよいか、探し方を解説します。おもな方法は2つあるので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

 

求人サイト

1つ目の方法は求人サイトです。日本でバイトをするのと同様、海外の短期バイトを探すときにも求人サイトを活用して仕事を探すことができます。

 

なかには、日本語で運営されているサイトもあり、一般的な求人サイトと同じように、勤務地や業種で求人情報の検索が可能です。

 

専門的に扱う国や地域、職種はサイトごとに異なるため、幅広く情報収集したい場合には複数のサイトを併用するとよいでしょう。

 

また、複数の国に対して、「クラシファイドサイト」と呼ばれる、求人情報や入居者募集などの広告・情報を掲載する掲示板サイトを活用するのもおすすめです。

「クラシファイドサイト」ならローカルな仕事も掲載されているため、日本人が経営する飲食店なども見つけやすいでしょう。

 

語学力に自信があるなら、現地のローカルな求人サイト・全世界対象の大手海外サイトなどを活用すれば求人の選択肢が広がります。

 

また、治験バイトは通常の求人サイトではほとんど情報は見つかりません。医薬品開発に携わる機関や治験センターなど、治験バイトを取り扱う専門のサイトに登録し、参加可能な治験へ応募するのが一般的です。

 

手続が簡単な治験ボランティア専門のサイトとしてリッチモンド・ファーマコロジーがあるので、興味がある方は公式サイトを見てみましょう。

 

リッチモンド・ファーマコロジーの詳細はこちら

 

エージェント

海外での就労経験が少ない場合は国内エージェントの活用がおすすめです。エージェントはそれぞれで得意としている地域が異なるため、渡航先に合わせて選ぶ必要があります。

 

また、エージェントは現地の求人情報を多数持っているので、適正やスキルを加味してアルバイトを紹介してもらえるでしょう。

 

さらに、エージェントは求職者と企業のマッチングサポートも手厚いです。海外での就労では雇用関係のトラブルも多いですが、マッチングサポートによりトラブルの回避ができます。

 

自分に合ったバイトを知りたいときはエージェント経由で探してみるとよいでしょう。

 

 

まとめ

海外の短期バイトはさまざまな種類があります。なかには、お金を稼ぐだけでなく、バイトをしながら自分のスキルを磨くことができる仕事もあるため、自分の求める条件で選ぶのがおすすめです。

 

また、ご紹介した海外の治験バイトに興味がある方は、リッチモンド・ファーマコロジーの海外治験の詳細をぜひご確認ください。

 

海外治験のリッチモンドファーマコロジーの詳細はこちら